2010年05月01日

modo.png フィギュアな大河さん

ここのところ色々と忙しかったんですがこっそりこんなの作ってました。

taiga_toon9.JPG

元ネタはコトブキヤ様のフィギュア
http://kotoblog.kotobukiya.co.jp/archives/51604471.html

ある程度似せることは出来ますがやっぱり難しいですね。
(オリジナルが作れないとも言うw)

modoにはまだスキニング&ボーンが無いのでポーズは手付けになります。
フレックスツールなんかもありますが正直指くらいにしか使えません。
曲げるパーツごとに切り刻んで(ひぃw)配置して繋ぎをモデリングみたいな感じでした。
あぐらって難しいですね・・・・

んー。一応tipsサイトなので少し髪の毛のaldila的モデリングを紹介します。
まず「ねずみみたいで可愛い」お団子部分。

Ctrlを押しながらプリミティブの「球」をクリック
1.jpg

Z方向へ回転させておきます
2.jpg

「変形」の「ツイストツール」を選択しZ軸でねじってやります
3.jpg5.jpg6.jpg

一本とばしでエッジをダブルクリックで選択していき上下のエッジ一周はCtrlを押しながら非選択状態にします。
7.jpg

「変形」の「プッシュツール」で法線方向へ移動させてやります。
8.jpg

全体を「頂点」選択し上下の頂点のみ非選択にします
9.jpg

「変形」の「ジッターツール」でランダムに動かします。
10.jpg11.jpg

「シード」の値を変えてやると色々とパターンが変わりますのでよさそうなのを選びます。
微調整が必要であれば「スカルプト」で大きめのスムースブラシを選んで
変形してあげるといい感じになりますー。

まだまだキャラ作成に関しては慣れていなくて、
前髪とか作る時も作る度に色々試行錯誤して「これ」って作成方法がまだ見つかってないのですが
現在の作成方法はまた後日にでもご紹介しますです。

最後にご要望の多かった「キャストオフ」Verです。
これくらいならセーフだよねっ!
12.jpg

PS.3DCGコミュの「CG」へ投稿させて頂きました。たくさん見ていただいてaldilaは喜んでいるみたいです。


さてー。
次のキャラ物は、アビラ様

逢坂大河 チャイナドレスVer.(また大河かよっw)
http://hobby.dengeki.com/hobbykan/hobbykan1004-1.html

にチャレンジしてみようと思います。
(とりあえず告知して自分にプレッシャーかけとく)
ただ問題があって

とにかく資料が少ない!
誰か資料とかあったらどんなのでもいいのでください>w<b

いい勉強になると思うので頑張ってみます。
目標は発売日の11月上旬より前にはと思っておりますです。

2010年04月04日

modo.png aldila的建築パースのワークフロー5

気がつけば2月以来の更新。すんません・・・

modoでの建築パース作成のワークフロー紹介も今回で5回目。
前回予告した通り役物の配置と瓦のマテリアル設定をしてみます。

前回までがこんな感じ
1.jpg

プリセット登録してある役物(ケラバ)を読み込みます。
役物も一列すでに並べてある物を登録してあります。
2.jpg3.jpg

瓦と同様に位置合わせ(適当です)
4.jpg5.jpg

角度をあわせてこれまた瓦と同じようにスライス
7.jpg

鏡面コピーで複製スナップさせます
8.jpg

さらに上面から見て鏡面コピーで反対側に配置します。
9.jpg10.jpg

別の役物(ひも丸)を読み込み同様に配置。
11.jpg

複製で並べます。
12.jpg

端部分をコピー&ペーストしてそのまま反対側へ配置します。
14.jpg

屋根完成ですー。
15.jpg

そしてそしてマテリアル設定の前に一個私的ちっぷす。

通常の状態の瓦(左)とちょっと細工した瓦(右)
r1.JPGr2.JPG

はい。マテリアル分けして黒い部分をわざと作ってあります。
本来はもちろんこんなことはないのですが、遠目からみるとエッジが引き立ちます。
r3.JPGr4.JPG

白いクレイな状態なので引き立ちすぎてますが、これに色や柄が乗るといい感じになります。
ちなみに、プリセット登録してある瓦のマテリアル設定をすでに分けた状態で登録してあります。


では、マテリアル設定ですが、こちらも自作プリセットにいくつか登録してあります。
16.jpg

様々な柄を表現した物を登録してあります。
今回は右上のオレンジっぽいのを適応してみます。
r5.JPG

このランダムさは、テクスチャ貼り付けではなかなか出せないのですが
このプリセットでは「ノイズ」テクスチャを試行錯誤して設定してあります。
17.jpg

とりあえずこのプリセットの中身はこんな感じ。
この「ノイズ」テクスチャってのはとっても奥が深いです。
挙動を掴むのにかなり時間がかかりましたがおかげで色々な表現をさせることが出来るようになりました。
「ノイズ」一枚だけでも結構色々できますが、
さらに「乗算」「オーバーレイ」等でサイズを変えて重ねたり
ノイズの種類を変えたり、ガンマをいじったりと応用が利きそうですね。

とりあえず今回はここまでー。
あとは外壁のマテリアルや外構関係だけど特筆することが無いのでどうしよう・・・・

2010年02月22日

modo.png aldila的建築パースのワークフロー4

さてさてmodoで作る建築パースの私的ワークフローの4回目です。

前回の図面で重大な間違い&説明したい行程があったため違う建物を用意しました。
1.jpg

屋根と破風部分以外を非表示にしておきます。
2.jpg

屋根を作る瓦や役物は制作後にプリセット登録してあります。
瓦に関してはすでに縦一列は並べてある状態です。
3.jpg

読み込んだら屋根の端部分に位置あわせします。
軒から出る部分?を適当に出します(結構アバウトですw)
4.jpg

回転させたい軸の部分を「アクションセンター:自動」で回転ツールを選択してクリック
5.jpg

勾配に合わせて回転させます。(これまた結構アバウトです)
6.jpg

「スナップ>形状」で「背景、ポイント」に設定して
Shift+Cでスナップさせつつスライスし、削除します。
7.jpg8.jpg

複製タブから「鏡面コピー」を選択。スナップを効かせたまま中心をクリックします。
9.jpg

複製で横に複製していきます。瓦によって被り量は違いますがこの瓦の場合は295mmでした。
端部分で微妙に合わない部分はmm単位で増減して調整します。
10.jpg

その他の屋根も同様にかけていきます。
11.jpg

上面図から交わる屋根のポリゴンを両方選択した状態で「Shift+C」でスライス。
「45度スナップ」にチェックを入れておきます。
交差部分に45度で適当に(こればっかw)スライスをいれます。
12.jpg

そのまま「作業平面」から「作業平面の回転」でY軸に45度を入力します。
13.jpg14.jpg

矩形選択で不要なポイントを選択して削除
15.jpg

もう片方は必要な部分を選択して「[」キーで反転、削除
16.jpg17.jpg

他の部分も同様に作業します。
18.jpg


う〜。やたら長くなる・・・・
もっと端折っていいのかな・・・・
そんなこんなで第四回これまで〜

次回は役物を並べてマテリアル設定していく予定ですです。

2010年02月07日

modo.png aldila的建築パースのワークフロー3

modoで作る建築パースの私的ワークフロー第3回目です。

実は、sp3に上げてふと気がついたのですが
以前出来ていたことが出来なくなっていました。
その問い合わせ等をしていて少し更新が空きましたすいません。

その内容ですが
とりあえず現在のワークフローのままだとちょっとやりにくくなってしまう内容でした。
前回、アイテムプリセット登録した窓やサッシ等を簡単に配置する内容を紹介しました。
その方法は使えるのですが、同型のサッシ等はやっぱりインスタンスで複製して
同じスクリプトでぱぱぱっと配置してたわけなんですが
どういうわけか、インスタンスに限らず「アイテム系」でコピーすると
設定してあるマテリアルがふっとびます・・・・
とりあえず対処法(根本的にワークフローを変える必要があるかも)

・通常通りプリセットからアイテムを読み込み
・スクリプトで配置
・インスタンスで複製
・同スクリプトで配置

を繰り返し一通り配置が終わったら「インスタンス」アイテムのタイプを
「Mesh」に変換してしまいます。
変換したMeshを全部選択して「切り取り」
元になっていたMeshアイテムに「貼り付け」してひとつのMeshにしてしまいます。
こうすることでシェーダーツリーのアイテムグループが機能するようになり
マテリアルが復帰します(ポリゴンタグは生きてるから?)

というわけでそんなこんなで窓を配置してこの状態
1.JPG

続いて屋根を作成していきます。
とりあえず今回はベーシックな「切妻」屋根でいきます。
破風の形状も色々ありますが、今回はうちが作ることの多い「水平軒天」でいってみようと思います。

2Fの外壁を表示させて外壁側の「角のみ」を「頂点選択」で「左回り」で選択していきます。
2.jpg

そのまま「P」キーでポリゴンを張ります。
3.jpg

張ったポリゴンを新規メッシュにカット&ペーストして上面図
「スナップ」「頂点」「アクティブ」にして「Shift+C」で屋根伏を
参考にしながらスナップさせつつスライスしていきます。
4.jpg

「C」キーで設定を「中間で分割」にして
6.jpg

半分のところでエッジを追加します。
5.jpg

各屋根の方向ごとに新規メッシュへ分割しておきます。
不必要なポイントを削除しておきます。
7.jpg8.jpg

端のエッジを選択して自作マクロ「hafu」(笑)を実行。
これも、破風を構成する軒の出等を数値入力でエッジ押し出しを
登録しただけのものです。
9.jpg

反対側も実行。妻側のエッジを選択します。
10.jpg

右下の「情報」から「長さ」部分を参照しクリックしてコピーしておきます。
11.jpg

中央のエッジを選択します。
12.jpg

「W」キーで移動。数値のY部分に先ほどコピーした数値をペースト
「勾配」によってこの数値を割ります。今回は5寸勾配ということで
0.5をかけました。
13.jpg

勾配が付いたらそのままエッジを「Z」キーで押し出し。
今回は厚み300mmとしました。
14.jpg

押し出したエッジと両側の破風押し出ししたエッジを
「ブリッジ」で繋ぎ、面を反転させます。
15.jpg

穴の開いている部分のエッジを「ダブルクリック」でループ選択
16.jpg

「P」キーで面を張ります。
破風の3角の部分をここも左回りに選択。
17.jpg

面を張り張ったポリゴンを2Fの外壁メッシュへまとめておきます。
18.jpg

破風部分を選択して妻側へ移動させます。今回は250mm
19.jpg

他の部分も同様にして屋根が交差する部分はスナップで合わせます。
20.jpg

破風完成。現在こんな感じ。
30.JPG

と、だらだらと描いたらすごく長くなってしまいました・・・・
そろそろ動画のが楽かもなぁ・・・・

実は、うち的には建築パースは屋根作るのが一番時間かかりますです。
この後、瓦並べて、役物並べて・・・・

というわけで次回は瓦並べるよっ

実は設計上ちょっと間違ってる部分があるのですが気にしないでねっ
(屋根適当にかけました・・・・すんません。)

2010年02月01日

modo.png C3Dさんの勉強会いってきました。

modoでの建築パースの制作ワークフローの紹介ですが
ちょっといまsp3でちょっとした問題が出てしまってちょこっとだけ保留です。
近いうちに原因特定もしくは回避策を考えて再開しますです。

さてさて

中部で3Dの制作活動されている方々が集まる
「C3D」さんの、2010年一発目の勉強会へ行って来ました。
あいにく仕事もあり、お昼を交えた少しの間しか出席出来ませんでしたが楽しかったです。
急な参加でしたが、とりあえずお昼ご飯うまかったっ!
持ち歩いていたUSBメモリに入ってたデータでちょこっとだけ
Tips的な物の説明をさせて頂きました。

メッシュのカメラへの方向コンストレイントや
リプリケーターでのカメラ方向へのリンクのさせ方
UV展開等をやりましたが、なんせぶっつけだったので
ちゃんとみんなに理解してもらえたかちょっと心配だったりしますです。

とりあえず一番感じたのは、「うちWinに慣れすぎじゃね?」って事でしたw
Macでショートカットが思うように使えずあたふたしまくりました。

ってことで結構人数集まりましたねー。
二ヶ月おきにお題決めて制作にトライしてみる試みも始めました。
次回までのお題は「ロボット」。
さてどうしようか・・・・

中部で3Dをやられている方っ!プロアマ全然関係ありませんっ!
色々なソフトを使われている方と交流も出来ますし楽しいですよー。
posted by aldila at 17:43 | Comment(4) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。