2009年10月09日

modo.png modo実践チュートリアルビデオ建築パース編レビュー

house.jpg

かなり遅くなりましたが、modoでの初国産チュートリアルビデオhttp://www.mars-inc.net/modo/jissen_kenchiku.htmlのレビューです。
私も建築分野で仕事もしているので本家の英語版チュートリアル等もやりましたが
初級ユーザーやあまり英語に堪能でない方には敷居が高いかな?と感じました。
とはいえ、ビデオチュートリアルは見るだけでもかなり吸収出来るのが魅力。
それが日本語で日本語環境のインターフェイスで説明されたらもっといいのにと思っていました。

そこで日比コーディネーションhttp://www.h3.dion.ne.jp/~hibi/
の日比さん監修&オペレートの純国産チュートリアルが発売。
大阪で実際にお会いしてお話したこともあり購入してみました。

こういうレビュー記事は初めてなので不束な点もあるかもしれませんがよろしくお願いします。

まず、このビデオはなんといってもその内容の多さ。
なんと前編合計で7時間5分17秒!まさに超大作です。
こういったビデオチュートリアルを自分で作ろうと思うとわかりますが
本当に大変な作業になります。実際に割かれた時間はかなりのものじゃないかと思います。

そして、その説明の丁寧さ。今までの英語版のチュートリアルには類を見ない説明内容です。
このビデオをマスターしたら外観パースに関してはぼちぼちお仕事とれるレベルになれるかもです。
正直パース屋さん困っちゃう・・・wってレベルかもです。

様々な行程があるのですが、その結果に辿り着くのに何通りものオペレートをしてくれています。
これも他のチュートリアルにはなかなか無い所ですね。かなり応用が利くように考えられていると思います。
他の図面でパースを描こうとしてもあまり戸惑わないんじゃないかな。

というわけで、このビデオは初級者の方でも問題なくお勧め出来ます。
初級者の方だけでなく特にシェーディング関係、マテリアル設定、レンダリングの説明は
中・上級者の方でもなるほどと感じる部分もあるのではないでしょうか。
クライアントとの打ち合わせで絶対にパース屋さんなら悩んだことがあるであろう「色校正」。
この点も、「リアルワークフロー」という内容で説明されています。

元々、「FormZ」などでモデリングして簡易レンダリング。その後PSでレタッチ。というパース屋さん(結構いらっしゃるはずです。)
が、modoで最終レンダリングをしたい。となった場合など。かなり良い教材になるかもしれません。
モデリングに関してはFormZで慣れていらっしゃる方には、やっぱり建築に特化しているだけあって敵わないですね。
幸いFoemZとmodoの相性はバツグンです。うちも外部でFormZでモデリングしたものを頂いてmodoでレンダリングすることが度々あります。
レンダリングに関しても特に「ファー」や「リプリケーター」を使わなければA3サイズでうちの環境で30〜60分(設定でかなり変わります)。
設定詰めなければ数分で終わりますね。十分仕事でも使えるレベルだと思います。
ウォークスルーアニメーションに関しても先日とりあげた「modo mojo」を使用すれば高速にレンダリング出来るのでお勧めですね。

ビデオの内容ですが

01: 基本形状の作成(50:19)
02: 基本形状へのパーツの追加(2:01:09)
03: エクステリアの作成(55:28)
04: 材質の設定(1:30:23)
05: ライティング、レンダリング(57:58)

となっています。
詳しいオペレート内容に関してはさすがに書けないのでそれぞれの内容、流れ、感想を書いて行きたいと思います。

01: 基本形状の作成

1F平面図、2F平面図、東西南北の立面図を配置したシーンを読み込んでモデリングしていく過程を説明しています。
その際に、気をつける点や、窓枠への合わせ方、開口の作成の仕方、効率の良いモデリング方法などを紹介されています。
この章はざっくりと外観を作り上げる作業になりますが、所々に色々なTipsがあるので面白いです。

02: 基本形状へのパーツの追加

01で作った形状の細部を作りこんでいく作業です。全章で一番長く2時間を超える内容となっています。
バルコニーや窓枠、勝手口、玄関ドア、建具の作りこみ。そして屋根の役物の作成をここで行います。
特に屋根のケラバなどの作りこみ、配置方法は必見です。効率の良い配置方法や角度の合わせ方などを説明されています。
そしてここでも、作り方やスナップの方法、サイズのあわせ方など、何通りもオペレートしてくれています。
かなり、他の部分にも応用が利く内容になっていると思います。

03: エクステリアの作成

外構部分の作成を行っています。
エントランス部分の作成、その他ブロックや植栽をここで作成しています。
ここではユニークな植栽のモデリングがいいですね。通常植物はPS等で切り抜きの樹木画像をレタッチで配置することが多いと思いますが、
ここでは、植栽もすべてモデリングされています。ソリッドスケッチやリプリケーターをうまく使われています。
アニメーションを作る時に植栽を板ポリゴン2枚に画像マッピングして十字に配置(ちょっと昔のテクニック?)して
それっぽく見せてもやはり十字と分かってしまいます。この方法ならそんな悩みも解消できますね。
現在のハードの性能とmodoのリプリケーターの性能&レンダリング速度なら実用レベルだと思います。

04: 材質の設定

この章では、各アイテムへのマテリアル設定を説明しています。
特に「リアルワークフロー」は、是非見ていただきたい項目です。
modoのデフォルトガンマは1.6。
外観ならそれほど問題ないのですが内観パースなどはどうしても2.2とかに上げることがあります。
そんな時困るのが、材質の色の違い。テクスチャをいくらPSで正確に色を設定しても
レンダリングすると違う・・・そんな悩みありませんか?
この色合わせをする方法を詳しい説明と一緒に紹介されています。


05: ライティング、レンダリング

そのままですがライティングとレンダリングの説明をされています。
外観パースに関してはそれほどライティングには気を使わないかもしれませんが
フィジカルサンを使用したライティング方法を紹介されています。
通常デフォルトの設定だと例えば20:00で真っ暗じゃないといけないのに
画像は明るくしかも真っ赤・・・という経験があると思います。
その解消方法を説明されています。
また、大域照明を用いたレンダリングのチェック方法なども紹介されています。


と、ちょっと長文になってしまいましたが。レビューとさせて頂きます。


うちも頑張って、色々紹介しなきゃ・・・・
お仕事関係のTipsはほとんど公開してないので
今度、自分のワークフローも一部公開してみようかな・・・・
posted by aldila at 22:16 | Comment(2) | modo雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
aldilaさま
レビュー記事読ませて頂きました。私も只今猛勉強中なので
大変参考になります。ひとつ伺いたいのですが、formzでどのくらいの設定modelをどんなファイルでインポートすれば良いのでしょうか?また簡単なライトの設置で、A3サイズ(w=5000pixelくらい?でしょうか)のレンダリングは大体何分くらいでしょうか。
初心者ですみません。宜しくお願い致します。
Posted by shigeru at 2014年05月25日 07:12
shigeru様

コメントありがとうございます!ずっと更新してなくて気づくの遅くてごめんなさい。formzからの書き出し読み込みに関してはお仕事でもやった事ありますがobjが一番問題なく読み込んだと記憶しています。外観パースでDirectionalLight一灯でのレンダリングA3ならうちの環境4コアの8スレッド、3.2Ghzくらいだったかな?の大域照明ONで5〜10分ですね。室内でライティングばんばんこだわった場合はA3でも8時間とかかかる事もあります。参考までにー。
Posted by aldila at 2014年06月22日 15:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。