2011年04月08日

modo.png mmdとmodoとmessiahを使って大河さんでれっつだんしんぐ その5

その5です。

前回はBVHファイルへの変換>調整>分割保存までやりました。
いよいよ今回で自分のキャラを躍らせる事ができます!

準備するものは以下

まずmessiahの公式コミュニティサイト「SETUP TAB」
http://www.projectmessiah.com/x6/community.html
へユーザー登録してください。

ログイン後に

・BVHReader_Beta1プラグインを
SETUP TABのDownloads>Scripts and Plugins>BVHReader pluginから
「BVHReader_Beta1.zip」をダウンロードしてください。

・Autorigにbvhデータをアタッチするスクリプトを下記からダウンロードしてください。
(aldilaが書き直したスクリプトです)
BVHtoAutorig_mmd.zip

それぞれ解凍後に
BVHReader_Beta1.mpは
C:\Program Files\pmG\messiahStudio5\messiah\Plugins

BVHtoAutorig_mmd.msaは
C:\Program Files\pmG\messiahStudio5\messiah\modules\scripts

へ入れておいてください。

*messiahの位置はインストールした場所で読み替えてください。
また今回は、スクリプトの作動制限の為に32bitのmessiahを使用します。

それではmessiahを起動して前回までに作成した「Autorigを仕込んだ」データを読み込みます。
1.jpg

Setupタブ>Items>プルダウンからBVH Reader
ScaleやStepはそのままで「Prefix」を「bvh_」とでも付けておきましょう(重要)
形式はBonesで「Load BVH...」を押して前回書き出したBVHの1つ目を読み込みます。
2.jpg

少し時間がかかりますがじっと我慢の子です。右下に読み込み状態が表示されます。


読み込みが終わったら画面下のタイムライン下にあるフレームを「900」
フレームレートを「29.97」にしておきます。
9.jpg

タイムライン右端の虫眼鏡マークを左いっぱいにドラッグしてタイムラインを縮小しておくと見やすくなります。
10.jpg

Animateタブに移りタイムラインをドラッグして動かしてみましょう。
読み込んだBVHボーンが踊っているでしょうか?
無事動いていることが確認出来たらSetupタブに戻りプルダウンから「New Item」にします。
表示されているアイテムから「AR2BVH_mmd」をダブルクリックします。
4.jpg

表示される窓の
「Autorig Prefix」に「Character」
「Motion Prefix」に「bvh」と入力し
「UseIK」のチェックは外したまま「OK」を押します。
5.jpg

するとばばば〜とエクスプレッションが走って勝手にCommandタブに移ります。
6.jpg

ここで一番親の緑の丸をクリックしてたたんで
7.jpg

のようにしたら
Character〜の上にMoCap〜を持ってきます。
8.jpg

Animateタブに戻ります。
タイムライン下の「Frame」と「In」を「1」にします。
12.jpg

再生(右矢印)を押してみましょう〜。
11.jpg

無事踊ってるでしょうか?

まだ900フレームしか読み込んでないので残りも順に
BVH読み込み(bvhのprefixは変えてください)→AR2BVH_mmd適応で
すべて読み込みます。
Composeタブへ移りそれぞれのbvhを選択して「Clip」して繋げることで一曲躍らせる事が出来ます。
また曲があるのであれば「Playタブ」のプルダウンから「Wave Audio」を選ぶ事により曲に合わせて躍らせる事が出来ます。
13.jpg

最後にmodoでレンダリングする為に

「Customizeタブ」のプルダウンメニューから「SaveMorphSequence」キャラクターのメッシュを選択し保存pathの指定。
書き出すフレームの開始〜終了のフレーム番号を入れMDDを書き出します。
14.jpg

書き出しが終わったらmodoへ戻り大元のlxoファイルを開きます。
メッシュを右クリック>デフォーマ>MDD追加で先ほど書き出したMDDを指定します。
15.jpg

あとは頑張ってレンダリングです!
16.jpg


っと最後かなり駆け足になってしまいましたがこんな感じで「なんとか」躍らせる事は出来ました。
とってもマイナーな「modo」と「messiah」という組み合わせで
どれほど需要がある記事かはわかりませんが自分自身の覚書としても残しておきます。
分かる事であればお答えしますので(忘れないうちであればw)よろしくお願いします。

これにて一旦mikumikudanceとmodo、messiahの連携記事は終了とします。
タグ:modo Messiah tips

2011年04月02日

modo.png mmdとmodoとmessiahを使って大河さんでれっつだんしんぐ その4

さてさて第4回目は「mikumikudance」(以降MMD)のモーションを汎用モーション「BVH」に変換します。

準備するものは以下(インストール法や注意点は各リンク先やreadmeを見てください)

■ アプリケーション

・MikuMikuDance(1.3のDirectX9_Verを落としてください)
http://www.geocities.jp/higuchuu4/

・mio(このアプリの準備が一番ややこしい)
http://www6.atwiki.jp/vpvpwiki/pages/218.html#id_d089ecef

・MMDBVHToSLBVH(リストのMMDBVHToSLBVH.exeを落としてください)
https://github.com/esetomo/MMDBVHToSLBVH

・Python2.6.x(これは後述)

■ データ

まずCドライブ直下など全角パスが入らない場所に半角の名前をつけてフォルダを作っておきます。

・MMDのモーションファイル(.vmd)
色々な方がご好意で公開されているデータでも大丈夫ですが今回はデフォルトで同梱されている
UserFileの中の「サンプル(きしめん).pmm」を開く。
「モデル操作」欄で「初音ミク」を選択。
「Ctr+A」で全選択>ファイル>モーションデータ保存
で半角英数で名前を付けて先ほどのフォルダに保存しておきます。

・MMDのModelファイル(.pmd)
UserFile>Modelの中の「初音ミクVer2.pmd」をコピーして別名で半角英数で名前を付けて先ほどのフォルダへ保存しておきます。

■ mioの使用方法
vpvp_wikiにあるとおりに色々とインストールしますがbvhに変換するだけなら
Python2.6がインストールされていてPathが通っていれば実行可能です。
ただコマンドプロンプトも触ったこと無い人は敷居が高いかもなのでどっちもどっちでしょうか・・・・
wikiの説明通りに入れれば大丈夫だと思いますがかなりめんどry
一応注意するのは様々なアプリの対応Verを全部合わせるのが重要です。
それから32bitであればdllのコピー先は「system32」
64bitであれば「SysWOW64」へ入れてください。
確認したのはXP32bit,Win7_64bitで動作確認しました。
何故かVista64bitは何をやっても動きませんでした(その場合でもコマンドプロンプトで対応可能です)

無事インストール出来た人は「vmdviewer」を実行して
101.jpg102.jpg

1:保存したpmdファイル読み込み
2:保存したvmdファイル読み込み(少し時間がかかります)
3と4:bvh形式で保存(書き出し先を先ほどのフォルダへ指定)

動かないよ!って人やインストールめんどryって人は
Python2.6だけはインストールしてください。

http://www.python.jp/Zope

の左の「ダウンロード」から「Python標準リリース」の以前のバージョンから
「Python2.6.6」のインストーラをダウンロードしてインストールしてください。(2011/04/02現在)

■ コマンドプロンプトの使い方

スタートメニュー>すべてのプログラム>アクセサリ>コマンドプロンプト
で起動後
*以下はE:にpython2.6をインストールしてE:にmioも解凍、E:にmmd2bvhフォルダを作成してmodel.pmdとmotion.vmdを保存した場合の例を示します。
各インストール先で読み替えてください。

1.python2.6をインストールしたディレクトリへ移動
> E:
2.mioを解凍したフォルダへ移動
> cd E:\mio
3.vmd2bvh.pyの実行
> python script\vmd2bvh.py E:\vmd2bvh\model.pmd E:\vmd2bvh\motion.vmd
103.jpg


実行すると全フレームの変換がぶわぁ〜っと始まります。
終了すると「Saving BVH data to 〜」と出てbvhファイルが保存されます。
104.jpg

■ BVHファイルの最適化

「MMDBVHToSLBVH」を起動し
105.jpg

OPEN>保存したBVHファイル
SAVE As>適当に名前を付けて保存
をします。すると単純化された構造のBVHファイルがいくつか出来ます。
900フレームで1ファイルになっています。1フレーム目には基本のTポーズが入ります。
messiahに持っていくときはmessiah内でクリップ化して1フレーム目は飛ばして繋げます。
ここからはまた次回。

*ここまでの4回分でわからないところや詰まったところがあれば
質問頂ければアドバイス出来るかも?しれませんし出来ないかもしれません・・・w
タグ:modo Messiah tips

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。