2010年06月28日

modo.png modo401とxsiの連携でシミュレーションしてみた。

こんにちは、

今回は全開に引き続き
・modo401でモデリング
・xsiでシミュレーション
・modo401でレンダリング

を試してみました。
職業的には「カーテンが風になびいてひらひら〜」
とか良さそうですがつまらないのでとりあえずこれで・・・・

1.jpg

うーん。これだけ並ぶと壮観ですw

xsiでの設定はスカートをクロス設定にして腰ベルト?部分にネイル設定。
重力、ダンプ等を追加。
スカート自体にセルフコリジョンを適応して太ももにもコリジョン設定しました。



うーん。どうもスカートのセルフコリジョンがうまくいってません。
というか風強すぎますね・・・。もうちょっとゆらゆら〜の予定でした。
もっと自然にゆらゆら〜が目標。設定がんばろう。

2010年06月06日

modo.png modo401とSoftimageModTool_7.5でキャラクターアニメーションのテスト

こんにちは、かなり前から構想だけは抱いていたのですがなかなか実行に移せなかったテストです。

タイトルの通りmodoとmodtoolの連携でキャラクターアニメーションを試してみました。

流れは

・modoにてモデリング、マテリアルの設定まで終わらせておく。
・modoにてlwoで書き出し。
・modtoolのpointovenでlwo読み込み。
・modotoolでリグ作成、ウエイト調整、リグのタグ付け、bvhファイル読み込み、リグに適応。
・modtoolのpointovenでmddのみ書き出し
・元のlxoファイルの適応させたいメッシュにデフォーマ追加、mddの適応

となります。

まずmodoでモデルを基本ポーズ(Tポーズ?)で作成しておきます。
UV展開やテクスチャ、マテリアルは済ませておきます。
1.jpg

modtoolを起動し、読み込み>PointOven>PointOvenLWOImport
2.jpg

modoで書き出したlwoファイルを読み込みます。
この時「スケール」を「1」にして読み込んでください。
デフォルトは10のようです。
(10のままだとmodoに戻した時に身長14m36cmの手に乗らない大河になってしまいます。)
3.jpg4.jpg

読み込んだら骨入れ、リグ設定、エンベロープのウェイト調整をします。
5.jpg

今回は外部モーションファイル.bvhを利用してアニメーションのテストをしてみました。
「motor」という機能で.bvhのモーションを使えるようになります。
まず、既存のリグにタグを付けます。
アニメーション>ツール>motor>リグにタグ
6.jpg

こんな画面が出ますので各部位のタグを指定してやります。
とりあえずテンプレートにあったので読み込んでみました。
7.jpg

タグテンプレートを読み込んだところ
この後「適応」を押してリグにタグを適応させます。
8.jpg

次にbvhファイルを読み込みます。
bvhファイルはグーグル先生に聞くと色々とフリーであるので探してみてください。
有名なのはmocapdata.comあたりかな?
アニメーション>ツール>motor>リグにモーキャプ
9.jpg

よみこむbvhファイルを指定しこちらもタグを指定してやります。
このタグの付け方がいまいち良くわかってません。bvhによって対応する部位が無いこともあるのでそれっぽいタグを入力してみました。
こちらも「適応」させます。
10.jpg

モデルに適応したら成功っ
11.jpg

モーションの確認、各調整をしたら
ファイル>書き出し>PointOven>PointOvenBaker
12.jpg

Explorerからメッシュを選択しておいてpointovenのメインタグの
「Add Selected」を押して追加します。
この時メッシュがいくつかある場合はそれぞれを選択しておきます。
14.jpg

pointovenのメッシュタグへ移りExportMDDにチェックを入れて書き出す場所を指定します。
15.jpg

最後に書き出すフレームを指定して「処理実行」を押します。
16.jpg

modoで元のlxoファイルを開きます。(lwoではなく元のlxoファイル)
適応させるメッシュを右クリックし
デフォーマ>MDD追加で先ほど書き出したmddファイルを指定します。
17.jpg

mddが適応されたら成功っ
18.jpg

あとは煮るなり焼くなり好きなようにry

まだスキニングが良くわかってなくて色々とやばいことになってますが
modoでレンダリング。
とりあえず受け渡しのテストと思ってウエイト未調整の物がこちら・・・・w
かなりエイリアンです。(注:音声出ます、くぎゅっ)


少しだけウエイト調整してみたのがこちら。
多少良くなったけど足首やら腋やら大変なことになってます。


とりあえずこれで「出来る」ことが解ったのでこれからxsi、いや今はsiなのか・・・・
を勉強していこうと思います。
同じ方法で、シミュレーションなどで自然な服などの揺れなどもmodoでレンダリング出来そうです。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。