2010年04月04日

modo.png aldila的建築パースのワークフロー5

気がつけば2月以来の更新。すんません・・・

modoでの建築パース作成のワークフロー紹介も今回で5回目。
前回予告した通り役物の配置と瓦のマテリアル設定をしてみます。

前回までがこんな感じ
1.jpg

プリセット登録してある役物(ケラバ)を読み込みます。
役物も一列すでに並べてある物を登録してあります。
2.jpg3.jpg

瓦と同様に位置合わせ(適当です)
4.jpg5.jpg

角度をあわせてこれまた瓦と同じようにスライス
7.jpg

鏡面コピーで複製スナップさせます
8.jpg

さらに上面から見て鏡面コピーで反対側に配置します。
9.jpg10.jpg

別の役物(ひも丸)を読み込み同様に配置。
11.jpg

複製で並べます。
12.jpg

端部分をコピー&ペーストしてそのまま反対側へ配置します。
14.jpg

屋根完成ですー。
15.jpg

そしてそしてマテリアル設定の前に一個私的ちっぷす。

通常の状態の瓦(左)とちょっと細工した瓦(右)
r1.JPGr2.JPG

はい。マテリアル分けして黒い部分をわざと作ってあります。
本来はもちろんこんなことはないのですが、遠目からみるとエッジが引き立ちます。
r3.JPGr4.JPG

白いクレイな状態なので引き立ちすぎてますが、これに色や柄が乗るといい感じになります。
ちなみに、プリセット登録してある瓦のマテリアル設定をすでに分けた状態で登録してあります。


では、マテリアル設定ですが、こちらも自作プリセットにいくつか登録してあります。
16.jpg

様々な柄を表現した物を登録してあります。
今回は右上のオレンジっぽいのを適応してみます。
r5.JPG

このランダムさは、テクスチャ貼り付けではなかなか出せないのですが
このプリセットでは「ノイズ」テクスチャを試行錯誤して設定してあります。
17.jpg

とりあえずこのプリセットの中身はこんな感じ。
この「ノイズ」テクスチャってのはとっても奥が深いです。
挙動を掴むのにかなり時間がかかりましたがおかげで色々な表現をさせることが出来るようになりました。
「ノイズ」一枚だけでも結構色々できますが、
さらに「乗算」「オーバーレイ」等でサイズを変えて重ねたり
ノイズの種類を変えたり、ガンマをいじったりと応用が利きそうですね。

とりあえず今回はここまでー。
あとは外壁のマテリアルや外構関係だけど特筆することが無いのでどうしよう・・・・

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。